読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活に花と緑を

   f:id:amuroikimasu:20170508214615j:plain

住空間に花を活ける。

 

これを習慣にしたいと思ったきっかけがNRさんの記事だった。

nr-photo.hatenablog.jp

 

大層な花である必要はない。

ちょっとした緑に差し色となる花があれば十分だ。

野花を摘んでもいいし、花屋さんで買っても1週間で数百円程度。

すごくお値打ちだ。

 

f:id:amuroikimasu:20170508214619j:plain

出かけるときも、疲れて帰宅したときも、自然と視界に入って元気をくれる。

 

何を隠そう、上の2つの花瓶が先日訪れた益子と真岡の戦利品だ。

 

銀色の小さなピッチャー型の陶器は、吉田麻衣子さんという方の作品。

蓋を開けたら茨城の陶芸家だったのも何かの縁。

「これにします!」と言ったら驚かれたので、なかなか皆の触手が伸びない作品だったのだろう。

銀の釉薬なので鈍さを残す程度に時々磨こうと思う。

 

ガラスの一輪挿しは真岡の古家具店で購入した。

先日の記事でも写真に写り込んでいる。

アンティークショップによくある安いガラス瓶だが、真ん中に入っている「堀内醫院薬室」いう文字が気に入った。

 

自分には華道の心得もなければ、インテリアコーディネートのセンスもない。

それでも、お気に入りの花瓶に、いいなと思った花を活けてハッピーにならない訳がない。