読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧れの波崎

f:id:amuroikimasu:20170508211159j:plain

はてブロ界隈では有名なお二人の記事で紹介されていた波崎。

4月末にようやく行くことができた。

冒頭は道中の利根川の土手から。

hibi-mae.hateblo.jp

aremo-koremo.hatenablog.com

 

f:id:amuroikimasu:20170508211153j:plain

主役を風力発電にすると構図はどうしてもパクリのようになってしまう。

 

 

f:id:amuroikimasu:20170508214448j:plain

防波堤に延々と描かれた作品群の一つ。

角の生えた鬼にも見えるが、ツノに見えるのは錆びた水の跡。

 

f:id:amuroikimasu:20170508211148j:plain

防波堤に打ち寄せられた漂流物の数がすごい。

このビデオテープ、誰がどういう意図で着色したのか。

 

f:id:amuroikimasu:20170508211136j:plain

子供らはやっぱり海に来ると裸足ではしゃぐ。

親の遺伝なのか、人類の遺伝子ゆえなのか。

 

f:id:amuroikimasu:20170508211621j:plain

強い日差しだったけれど、水温はやっぱり凍り付く冷たさ。

 

 

f:id:amuroikimasu:20170508211610j:plain

ランタンだろうか。

私も裸足になってみたので、ガラスの破片に警戒した。

 

f:id:amuroikimasu:20170508211558j:plain

その後、車を走らせていたらいい感じの廃屋を発見。

ガソリンスタンド跡だ。

 

f:id:amuroikimasu:20170508211604j:plain

屋根は打ち抜かれて雨ざらしになっている。

 

f:id:amuroikimasu:20170508211552j:plain

藤棚で整然と咲き並ぶ姿も美しい。

でも野性味あふれる藤の花も捨てたもんじゃない。