読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁火

f:id:amuroikimasu:20170411220754j:plain

千葉県の勝浦市内で夕飯に美味しいお寿司を平らげて、民宿に戻ってきたのが午後9時過ぎ。

港では煌々と灯りを焚いた漁船が夜の海に出る準備を進めていた。