読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐の深さ

f:id:amuroikimasu:20170413194951j:plain

年度末に定年退職した上司は実に懐の深い人だった。

あんな風にはなれないなと脱帽する一方で、憧れる自分もいる。

 

Fujifilmの高感度フィルム、Natura 1600も懐が深い。

光量の少ないシーンに強いが、晴天下ではISO 400に切り替えて使えるのだ。

Natura 1600, ISO 400」で検索すると紹介記事がたくさん出てくる。

 

ISO 400と1600。

実は2段分しか変わらないので、そんなに懐深くもない、というご意見もあるだろう。

デジカメにおいてはそうかもしれない。

しかし、フィルムカメラでは感度が随時変えられること自体がスゴい。

 

冒頭の写真はおそらくISO 400で撮影した食虫植物。

 

f:id:amuroikimasu:20170413194946j:plain

植物園の温室内。

これもISO 400だっただろうか。

海外に見えるがつくば市だ。

 

 

f:id:amuroikimasu:20170413194942j:plain

そして、室内でもけっこう暗めの玄関。

これはISO 1600で撮影している。

やはり400で撮るより粒子は粗くなる。

 

1本で400, 800, 1600と3段階の感度を切り替えながら撮れるNatura 1600。

そんなわけで重宝している。

 

写真の花は、NRさんの記事に触発されて結婚記念日に花屋さんで買ったもの。

nr-photo.hatenablog.jp