読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬キャン旅⑤:館林市

f:id:amuroikimasu:20170224212509j:plain

amuroikimasu.hatenablog.com

足利市を後にして館林市の県立美術館へ。

 

   f:id:amuroikimasu:20170224212507j:plain

広大な敷地で建物のデザインに気合が入っている。

 

f:id:amuroikimasu:20170224212510j:plain

が、今一つ入り口が分かりにくい。

裏口から入ってしまった。

 

f:id:amuroikimasu:20170224212508j:plain

ピアノは調律中で演奏は聴けず。

木版画家・清宮質文氏の作品が企画展として展示されていた。

世界観は好みだったが、お気に入りの絵はハガキの販売がなかった。

 

4月まで開催しているので、興味のある方はぜひ。

www.gmat.pref.gunma.jp

 

f:id:amuroikimasu:20170224212511j:plain

裏手には東武伊勢崎線

赤い特急ならさぞかし映えただろうに。

 

f:id:amuroikimasu:20170224212512j:plain

遊水地を迂回して渡良瀬川の土手で。

本当に天気のいい日でついつい空を入れていた。

 

f:id:amuroikimasu:20170310231243j:plain

Natura 1600

川沿いにあった古河スポーツ交流センターで昼食を。

カレーが350円だったかな。

漬物がビビッドだ。

 

f:id:amuroikimasu:20170224212513j:plain

この後、古河市内の銭湯に入って、夕刻にホームタウンに帰ってきた。

県営住宅をちょこっと探索して冬キャン旅もおしまい。

 

寒さは堪えたが、春や秋なら愛車をキャンパーとして十分使えると実感した。