読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若気

f:id:amuroikimasu:20170217184346j:plain

先日、娘と一緒にマラソン大会に出た。

2km。大したことはなさそうに聞こえる距離だ。

親子で手をつないでゴールする決まりなので、ペースを合わせる必要がある。

 

スタート早々、娘が「遅い!」と私を急かす。

「最後にバテるから少しずつ上げてこ」と熟知したような口ぶりで制する私。

 

1kmのあたりから、自分でも少しずつペースを上げる。

それでも娘は常に私の先を行く。

 

ゴールが見えてラストスパート。

私の呼吸と心拍は近年類を見ない速さで酸素を体に供給する。

それでも酸素が足りない。

 

娘の若気を思い知らされた一日だった。